公園で乾布摩擦をやっていた時代

健康の秘訣は乾布摩擦だ!っと隣の家のおじいちゃんの口癖でした。当時85才、やたらと声の大きなおじいちゃんでした。

そんなおじいちゃんとこどもの頃、冬になる度に夕方の公園で乾布摩擦をやっていました。はりきった近所のおじいちゃん達が子供を集めてやっていたのです。一緒にやれば万頭とか焼き芋なんかをくれるので、それにつられてやっていたようなものでしたね。まあこんな感じで当時は近所の大人と子供はそれなりに付き合いがありましたね。説教されれば腹も立ちましたが、翌日には挨拶するくらいでした。それなりに良い関係だったと思っています。

寒風吹く公園で遊んでいると5時6時に数人のおじいちゃんがタオルを持ってやってきます。で上半身裸になって、ゴシゴシと始めるのです。やり方はおじいちゃん達が考えたレシピがありまして、まず腕から、そして肩と首、っで背中にお腹とやっていくのです。これで鍛えられたと思います。当時はまだアトピーなどなかった時代です。子供は風の子っと炊きつけられて男気を見せるのです。今ならどうなるのでしょうか?PTA達が文句を言うかもしれません。セクハラだ!とか虐待だ!なんて訴えるのかもしれませんね。小さい時はおばさん連中に文句言われても、悪いことは悪いで謝らされたものです。でもそんなもの明日にはけろっと忘れていて、飴あげるよっと言われれば嬉しくなった無邪気さでした。律儀に付き合うから苦痛になるのであって、もっと感性で付き合えば怒っても笑っても後腐れはないと思います。気楽で楽しい人付き合いの秘訣ですね。

病院が死に場所と言うわけではないと思うのです

日本では大半の人が老後を病院通いして過ごす風習がありますね。死期が近くなると重い病気のせいでベット暮らしをするパターンは一般的と言えるでしょ。でも長生きをするにしても健康で、いつでも散歩ぐらいは気軽に行けるようでないと、生きる楽しみも半減してしまうことでしょう。つまりは足腰がたっしゃであってほしいと思うのです。田舎で畑仕事をしている老人の方は大地から活力を貰っているからか、あるいは適度な活動をお天とう様の下で日々行っているなどから長寿で元気な方が多いですね。ですが、ただ腰が曲がっている方は困難でしょう。近年は機械化が充分に浸透していますからその症状も治まりつつありますが、あの前屈ではやはり・・・とは思うのですね。

私のモンゴル人の妻のおばあちゃんは91才(?)です。自分でも忘れたそうですがね。いまでも炊事洗濯、掃除をちゃんとやっています。背筋がまっすぐできりっとしているのですから、お達者な事でしょ!モンゴル人の場合はガニ股や内股の女性が少ないですね。歩き方が颯爽としていて、美しいからでしょう。赤ちゃんの時は布でまっすぐの棒状にギチギチ巻をされて置いておかれますから、全身がまっすぐなままの生活です。子供になっても凛と前を向いて歩くプライドの高さで、背筋も伸びるのです。足長のモデル体型が本当に多いのに驚きますね。それに草原の民です。良く体を使って生活しているのです。のんきな暮らしぶりも精神的には良いものです。

この状態で健康を保ち、長生きするのなら自然をあちこちと歩いては生きる喜びをか噛み締めることもできると思うのです。

便秘はこうして解消するのだ

5月になるとあちこちでアパートを引っ越してゆく様子を見ます。春の引っ越しシーズンがここにもあったのです。ここでは6月に学校が終わります。その前に大方の学生が田舎に引っ越していくので、空き部屋が多くなる。すると家賃が下がって私たちも条件の良い部屋を安く借り治すのです。それで先日、友人の引っ越しを手伝ってきました。新しい彼のアパートは最上階の5Fです。エレベーターはありません。ですから人海戦術で運び揚げるしかないのでした。さすがにこの年になってベットやら冷蔵庫の大物を持って階段を上がるのはしんどいですね。妻達女子供は各階に分散しながらのリレー式でやっています。日中の気温は30度近くて、汗をかいてもかいても止まりません。それに夫婦2人だと言うのに荷物の多いことも、ちょっとむかつくのです。2時間をかけて運び上げ、座り込むと頭がボーっとなってしまいました。良い運動だよ!のお約束の言葉を残してその場をさった私たちでした。

最近更年期を迎えて、妻は生理が近ずくと便秘がちになります。今回は完全に便秘になってしまいました。その日で3日目だと言っていました。生理は多分2日後あたりだそうで、もう少し苦しみが続くところでしたが、引っ越しの手伝いから戻るとすぐにトイレに駆け込んで行ったのです。小荷物をもって階段を上り下り、これが生理のホルモンバランス不調を凌駕したのですね。あれぐらい腹を動かせば、腸はしっかりと便を運んでくれるのだと分かったのです。

となれば便秘に聞くのは階段の上り下り運動かもしれません。1回で10段の階段を上り下りする、30個ぐらいは小荷物があったので30倍とすれば300段の上り下りになります。これくらいなら1時間やそこらの運動でしょ。妻には次回の生理時には家のアパートの階段でやってもらおうと思っています。

精製していない穀物でも美味しくなります

いくら健康食とは言え、玄米はちょっと面倒で嫌だわ!っと言う声が結構多い事でしょ。ボソボソして食べずらいとか、噛むのが面倒で嫌だなどといって敬遠されがちですね。それに炊くのも面倒があることも敬遠される理由にありますね。それもそうなのです。江戸の頃から、手っ取り早い(マキなどの燃料が掛からない)ことで白米は親しまれてきた歴史がありますもの。それにあの真っ白な色は美しく、味は甘味に満ちている。お洒落好きの江戸っ子が好む条件でしょ。ですが白く精製したものが中毒症状を引き起こし、過食を招いてしまうことから考えれば、このまま白米ットは行かないかもしれませんね。

他tく時に圧力鍋が定番ですが、それは間違いです。私は炊飯器で普通に炊いています。玄米と白米を5分5分にして強めのバージョンで炊いているのです。水加減も白米と同じです。それで1時間ぐらい水につけてから炊けばさらにふっくらしますよ。それなら白米と同じ手間でしょ。それに白米と半々にすると両方の良いところが出て美味しくなります。モッチリした粘りとプリっプリの玄米の弾力、味はしっかりとして胚芽の栄養素もしっかりと摂れるのです。カレーライスなら飲むのではなく、しっかりと噛んで食べるに変わりますね。

なにしろ、精製した穀類は過食中毒を起こすと最近では言われています。玄米や全粒粉の小麦粉など、糖度の低いものを選ぶのも健康の秘訣だと思います。

自然治癒力を鍛える日光浴

自然治癒力を強くするには、毎日の日光浴が欠かせないと言いますよ。今どきなら紫外線で肌が荒れるから嫌だ!って言う風潮でしょうが、行き過ぎた美白、美肌のために健康を犠牲にしているとしたらちょっと残念に思うのではありませんか?

紫外線の作用はメラニン色素を分泌させる事、それから活性酸素の発生を促す事、この2点から一般的に葉嫌われ者になっていますでしょ。でも都会のビニールハウスで栽培されている方々にとっての話しではないかしら。病的なまでの美白を求めるならいざ知らず、綺麗な肌のためには日光は必要なのですってね。普通に健康な方にはダメージにならない日光浴なはずです。

その他に紫外線は肌細胞の細胞膜を形成するコレステロールをビタミンD3っと言う成分に変換する効果があるのですって。変換されたコレステロールは血中より細胞に補充されていきますから、コレステロール値は低く安定されることになりますね。こうして動脈硬化や肝機能障害の予防になるのですよね。このビタミンD3はカルシュウムとリンを体内に吸収し適所に運ぶためには欠かせないと言います。勿論骨の生成には必須なビタミンなのです。また免疫作用を発動する触媒効果あるのだそうです。

元気は太陽がくれるもの、引き籠りはもやしっ子と昔から相場は決まっています。私たちの体はそのように造られているのでしょう。もっと外で活動するようにと思うのです。

大概の家庭にある使わない健康グッズ

家の物置には山の様に使わなくなった健康グッズが置いてある。そんな人って多いでしょ。思いっきり古いのだっとスタイリー、折り畳みパイプ式のベットみたいなやつです。「ワタシにデンワしてください、どぞヨロシク!」っとコマーシャルでやっていたのを覚えていますか。それからフラフープといって、プラ製の大きな輪っかです。体を振ってクルクル回す今でもポピュラ―な運動ですね。ストレッチではルーレットで出た色に手や足を置いてゆくゲームがありました。電動で腹に掛けたベルトを振動させるブルブルマシーン、銭湯に良くあったでしょ。それにルームランナー、古い奴は電動ではなく、傾斜を走ることでローラーを手動で回した奴とか。また大きいのではボート漕ぎマシーンやベンチプレス。お金持ちならトランポリンも流行りましたね。部屋で寝そべってできる金魚運動マシーンは大ヒットでしたでしょ。それからEMS筋肉増強ベルト、電気で筋肉を引きつらせる装置で、マッサージにはなったかもしれませんが、宣伝通りにムキムキマンになることはなかったと思いますよ。それから電動マッサージチェアー、これなんかただのソファーになったりしていますよね。

何でしょうかね、買ったは良いけど、飽きてしまって使わなくなる。でも結構高い物ですから捨てられずに、とりあえずは物置などに収納って事なのですね。健康のためならこのようなお金の使い方をするのが日本人の考え方なのでしょう。テーマは努力しないで、いつでも手軽に健康ケア!っと言う感じですね。中国人は時間と体を使って執拗に取り組む傾向がありますが、それとは正反対な流行なのです。

水をあまり飲まないのは

普段どれくらい水を飲んでいるのだろうか?そんなことを思って今コーヒーを飲んでいます。私は家で内職をしていますから、暇さえあればコーヒーやお茶を飲んでいるのです。ちょっと計算してみましょう。朝にコーヒーを1杯、そして仕事を始めます。午前中にはあと2~3杯は飲みます。昼ごはんの時にもお水を1~2杯、午後もやはり2~3杯でしょうかね。夕飯にはお水を1~2杯、しれとビール1本(500ml)を時々飲みますね。また寝るまでに1杯って感じです。1杯150mlとして、合計で1.5~1.7Lになります。それから食事からは1L弱の水分を摂取するそうですから、2.5くらいは取っていることになります。

成人男性の平均的な水分排出量は2.5~3Lと言いすので、私は丁度良いくらいを摂取していると思います。50才を過ぎても汗っかきな体質です。良くトイレにも行きますが、尿の色も薄い黄色か白ですね。代謝が良好だと思っています。結構飲む方の私でこんなものですから、他の方はどうなのでしょう。都会生活の弱点は汗をかかないライフスタイルでしょうか。と言うよりも運動量の極端に少ない生活ですね。代謝が低い分、水分の入れ替えも必要が無いのは仕方が無いのかもしれません。ですが、あえて意識的に飲んでいきましょうよ。そうすれば体はバランスを保つために水分の入れ替えと共に代謝を動かしますからね。代謝が低いことは老化を早める原因だと言えます。是非御考察ありますように。